お知らせ

新年度に向って

2012-06-03


   暑中お見舞い申し上げます。
   会員の皆様方にはこの暑さの中をご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。平素は会運営につきご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。
   さて、去る6月21日(土)には中央大学法科大学院教授佐藤信行先生による「法の適用に 関する通則法」のご講義をいただき、法の起源、沿革から各国の適用法までご説明いただき、 大変有意義な講義を受講することができました。引き続いての定時総会においては予定された議案すべて原案どおり承認いただき、新たに就任された幹事、相談役のご紹介を行い、且つ、出席者全員の一致をもって、大槻禮次郎会員(元東京会会長)を本会顧問に選任することが出来ましたので、ようやく組織も整って参りました。
   また、お蔭様で会員数も増えております。特に神奈川会からは多数の入会があり埼玉会からも入会していただいております。
   “為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり”の歌は、米沢藩主であった上杉鷹山が次の藩主に伝えたものですが、この歌の如く、会員各位が「やる気」をもって努力していただければ必ず本会は大きく発展するものと確信しております。新年度においては、会員相互の交流を密にし、情緒ある人間関係の構築を志し、会の発展に努めてまいります。