お知らせ

改正民法実務研究会のご案内

2017-10-21


 民法改正法案が、2017年4月14日に衆議院を、5月26日に参議院をそれぞれ通過・成立し、6月2日に公布されました。

 そこで、本会では、本年1月に「成年後見制度が関連する相続関係案件」をテーマとしてご講演頂き、大変好評を得ました九段坂総合法律事務所の雛形要松先生(元東京高等裁判所統括判事・元内閣法制局参事・日本橋公証役場公証人)に改正民法につきまして、下記のとおり、ご講義頂く事になりました。

 行政書士白門会会員に限らず、友会、他大学OBOGの方もご参加頂けます。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。


            記

1.日時   平成29年10月27日(金)午後6時~9時まで
2.場所   中央大学駿河台記念館 5階 550号室
3.テキスト 当日、配布いたします。

      レジュメは以下の4部となり、新旧法の違いが分かるように創意工夫がなされ、大変充実した内容になっております。
      ① 債権法改正
      ②  民法(債権法)改正による大きな変更点に係る新条項
      ③ 参考文献解説事項一覧表
      ④ 民法(債権法)改正新聞記事

4.参加費   1,000円 (懇親会費別途 4,000円)
5.講師   弁護士 雛形 要松 先生

★参加申込みは、懇親会への出欠も含めて、総務担当磯谷 m.isogai@s6.dion.ne.jp 宛(10月27日(金)午後3時まで)にお願いします。
★本会会員ではない友会、他大学OBOGの方は、お申し込みの際、お名前、ご連絡先を明記してください。

準備の都合上、お申し込みの上、ご参加下さいますようお願い致します。


お知らせ一覧